タグ:役行者霊蹟札所の記事一覧

関西の寺社めぐり

関西のお寺や神社を訪れた時に撮った写真、御朱印などの参拝記録。

タグ:役行者霊蹟札所
櫻本坊 役行者母公の素敵な御朱印
櫻本坊 役行者母公の素敵な御朱印

竹林院群芳園から少し歩きますと、櫻本坊(さくらもとぼう)があります。

櫻本坊は天武天皇が建立された神仏習合の修験道場です。

ご本尊は神変大菩薩(じんべんだいぼさつ・役行者)。

 

この記事の続きを読む

竹林院群芳園 豊臣秀吉が吉野山花見をした庭園【御朱印】
竹林院群芳園 豊臣秀吉が吉野山花見をした庭園【御朱印】

竹林院(ちくりんいん)は、奈良県吉野郡吉野町吉野山にある単立の寺院で、宿坊竹林院群芳園(ちくりんいんぐんぽうえん)で知られています。

ご本尊は不動明王、蔵王権現、役行者、弘法大師。

寺伝によりますと、聖徳太子が開創して椿山寺と号し、その後弘仁年間(810~824年)空海が常泉寺と称したといわれています。1385年(至徳2年/元中2年)に竹林院と改められました。

この記事の続きを読む

転法輪寺 法起大菩薩を祀る金剛山寺【御朱印】
転法輪寺 法起大菩薩を祀る金剛山寺【御朱印】

転法輪寺(てんぽうりんじ)は、修験道の開祖とされる役小角(役行者・神変大菩薩)が16歳の時、金剛山に登って苦修練行を重ねた結果、天智天皇4年(665年)祖神一言主大神を鎮守とし、法起大菩薩を祀る金剛山寺(転法輪寺)を建立して、神仏習合の霊山としたのが開創と伝えられています。

奈良時代より明治維新に至るまで修験道七高山の1つに数えられ、歴代天皇の勅願所として五堂七宇の殿堂輪煥の美を誇り、行基、鑑真、最澄も来山し、聖宝も修行したと記録されている寺院です。

この記事の続きを読む

吉水神社 日本最古の書院建築【御朱印】
吉水神社 日本最古の書院建築【御朱印】

吉水神社(よしみずじんじゃ)は、奈良県吉野郡に鎮座されています。

御祭神は、後醍醐天皇を主祭神とし、併せて南朝方の忠臣であった楠木正成、吉水院宗信法印(きっすいいんそうしんほういん)を配祀。

こちらの神社は元は吉水院(よしみずいん)と言って、役行者が創建した格の高い修験者の僧坊でありました。

明治時代に神仏分離が行われ、後醍醐天皇の南朝の皇居であったことから、明治八年に「吉水神社」と改められました。

この記事の続きを読む