狭井神社 病気平癒の神様【御朱印】

狭井神社大神神社の摂社で、正式な名前は「狭井坐大神荒魂(さいにますおおみわあらみたま)神社」です。

三輪の神様、大物主大神の荒魂(あらみたま)を祀る神社で、力強いご神威から病気平癒の神様として信仰が篤いです。

又、御社名の「狭井」とは神聖な井戸・泉・水源を意味し、そこに涌き出る霊泉は太古より「くすり水」として信仰の対象になっています。

久すり道を歩いて行くと、狭井神社が見えてきました。

 

 

向かって境内右側に、三輪山登拝口があります。

三輪山への登拝希望の方は狭井神社で手続きをします。

登拝口前にベンチがあり、そこで少し時間を過ごすだけでも、三輪山からの良い気が頂けると聞いた事があります。

何人かのご婦人がベンチに座っていらっしゃいました。

 

清浄の音

竹筒に耳を当てると、ご神水の音を聞くことができます。
とても清らかな音でした。

 

薬井戸

万病に効くという薬水が湧き出る井戸。

ボタンを押すと水が出てきます。
近代的なのでちょっとびっくりしました(笑))
コップも置いてあります。

 

狭井神社 御朱印

 

【所在地】奈良県桜井市三輪1422
【御朱印】あり
【駐車場】あり(大神神社駐車場を利用)

大神神社 公式サイト