三輪恵比須神社 エビス信仰の大和の古社【御朱印】

三輪恵比須神社(みわえびすじんじゃ)は、奈良県桜井市三輪に鎮座されています。

御祭神は、八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)、八尋熊鰐神(やひろのわにのかみ)、加屋奈流美神(かやなるみのかみ)。

日本最初の市場である海柘榴市(つばいち)の守護神として、悠久の昔創祀せられ、「つばいちえびす」と称えられ、エビス信仰の本源をなす大和の古社です。

 

 

 

日本で最初に開かれた市場は、海柘榴市(つばいち)と呼ばれる市で、三輪山の南麓の金屋にあり、初瀬川の川沿いに物々交換の市として開かれていたそうです。

「つばいち」の守護神として神様が祀られていましたが、延長4年(926)7月の大雨で、初瀬川が氾濫してその後、市は三輪の地へ移ります。

その時、「つばいち」の守護神も三輪に移されました。

金屋から、ここへ来る前に訪れた元宮があった辺りに移されたのでしょう。

そして、現在、海石榴市(つばいち)の守護神としての流れを受けて、三輪市の繁栄とともに信仰を集め、今日の恵比須神社になっているそうです。

 

 

樹齢600年余りといわれる欅(けやき)の御神木

木に幹が根本より二つに分かれているので、古より夫婦欅とも言い伝えられています。

良縁を求める方、恋人同士添われないとき、片思いの方など、また安産・子宝を願う方など、この【欅】にふれて願えば想いが達すると伝えられています。

 

琴比羅神社

御祭神は大物主神。
エビス・ダイコクのダイコクとして、増殖・蓄財の御神徳が仰がれています。

 

御朱印はこちらの授与所で拝受いたしました。

こちらで、志貴御縣坐神社の御朱印も頂くことができます。

 

三輪恵比須神社 御朱印

 

【所在地】奈良県桜井市三輪
【御朱印】あり
【駐車場】あり

三輪恵比須神社 公式サイト