観心寺② 「梅どら」と「オリジナル御朱印帳」

 

観心寺 再訪記

 

昨年、初めて梅を見に訪れた観心寺。
今年もいい香りが梅園一帯に漂っていました。

 

観心寺の境内には、約300本の梅の木があり、紅梅、白梅、しだれ梅などいろいろな梅が参拝者を楽しませてくれます。

 

 

 

 

 

観心寺名物「梅どら」の幟が、「買ってって~!」っと誘ってきます(笑))

 

「どらやき」大好きなので買いましたよ♪

観心寺名物の「梅どら」ってどんなお味なのでしょう?

 

じゃ~ん!!

 

めちゃ!!おいしいです!!

外の生地がふわふわです♪

中は、白豆あんで上品な甘さです♪

で、がぶりっ!!っとほおばってビックリです!!

中から、梅が出てきました。

丁度良い大きさにカットされた青梅の甘露煮が、ごろっ・・・っと!!

だから、梅どらなのね~(笑))

とってもおいしかったです。

これは、みなさんに食べて欲しいなぁ♪

 

観心寺では、梅どらを食べたり休憩できるようお茶席があって、お茶もポットに入れて用意して下さっていました。

お時間のある方は、是非、梅観賞しながら梅どらを♪

お彼岸までの期間限定で、なくなり次第終了のようです。

1個200円。

 

 

こちらの椿の樹齢が300年という事を、お寺の方が教えて下さいました。

 

侘助という種類だそうで、訶梨帝母天堂の裏で咲いていました。

 

「きれいだなぁ~!樹齢300年ってすごいな~!」っと思って写真を撮っていると、ヒヨドリが飛んできてくれました。

最初は後ろ向きだったんですけど、向きを変えてこちらにお顔を見せてくれました。

ぃやっほ~!!ありがとう♪

 

 

観心寺オリジナル御朱印帳が販売されていました。

お寺の方曰く、「この角度の如意輪観音さんの写真はほぼないよ。大体が正面向いてはるからね。」と。

もう、そんなお話を聞くと、欲しくなっちゃうじゃないですか(笑))

どうしようか悩んでいると、お寺の方が「帳面ばっかりふえまんな~」と(笑))

そうなんです!

御朱印帳が増えて行くんですけど、欲しいんです♪

なので、買いました。お値段は1500円(税込)です。

 

裏には、空海さんが勧請したという北斗七星。

こちらの御朱印帳、手触りが少し変わっていまして、麻生地のようなザラっとした手触りです。

サイズは、縦16×横11.3cm。

FAXで注文も受け付けておられ、郵送して下さるようです。

詳しくは、観心寺公式サイトを見て下さいね。

 

 

観心寺 御朱印

 

前回訪れた観心寺記事 → 観心寺 南朝ゆかりのお寺【御朱印】