大直禰子神社 大神神社の神宮寺(奈良県桜井市)

大直禰子神社(おおたたねこじんじゃ)は大神神社の摂社です。

御祭神は、大物主大神のご子孫である大直禰子命(おおたたねこのみこと)。

大物主大神のご子孫であることから若宮社とも呼ばれています。

本殿には奈良時代の大神寺創建当初の部材が残っており、貴重な神宮寺の遺構として、国の重要文化財に指定されています。

鳥居

 

扁額には若宮社

 

第十代崇神天皇の御代、疫病が流行し国難が起こった時に、天皇の夢に大物主大神が現れて「自分の血を引く大直禰子の手によって祭られればそれは収まる」と告げられます。

そこで大直禰子を捜したところ、茅渟県陶邑(ちぬのあがたすえむら、現在の堺市)で見つかります。

天皇が、

「あなたは、誰の子であるか?」とお尋ねになったところ、

大直禰子は、

「私は、大物主大神が、陶津耳命(すえつみみのみこと)の娘である活玉依毘売(いくたまよりびめ)を娶って生んだ、櫛御方命(くしみかたのみこと)の子の飯肩巣見命(いいかたすみのみこと)のさらに子の建甕槌命(たけみかづちのみこと)の子の大直禰子です。」

と答えます。

天皇は「これで、天下は平安し、人民は栄える!」と仰せになり、大直禰子を祭主とし、大物主大神を祀ります。

すると、疫病は収まり、国が平和に栄えたとされています。

 

 

神仏習合の時代は、大神神社には三つの神宮寺(平等寺・大御輪寺・浄願寺)がありました。

こちらの大直禰子神社は、大神寺・後に大御輪寺として、永らく大直禰子命の御神像と十一面観音(国宝・現在は市内の聖林寺に奉安)があわせ祀られてきました。

神仏分離令により、明治4年、大神神社の摂社に改められました。

 

大直禰子神社の前に「おだまき杉」があります。

『古事記』にある活玉依毘売(いくたまよりひめ)との神婚に由来しており、大直禰子命の御誕生を物語る杉です。

 

少し簡単にお話をご紹介します。

その昔、活玉依毘売の元へ夜ごと通う男性がいました。

その男性の正体を見極めるために、男の着物の裾に麻糸を付ける活玉依毘売。

翌朝、その糸を辿って行くと、三輪山の杜へと続き、おだまき杉の所で糸が終わっていました。

その男性の正体は大物主神であった・・・というお話です。

 

江戸時代には、すでに文献に記載されている名木でありましたが、やがて枯れてしまい現在、根本だけが大切に残されています。

 

【所在地】奈良県桜井市三輪
【御朱印】なし
【駐車場】あり(大神神社駐車場)

大神神社 公式サイト