三輪山平等寺 聖徳太子開基の寺院(奈良県桜井市)

三輪山平等寺(みわやまびょうどうじ)は、奈良県桜井市三輪にある曹洞宗の寺院です。

開基を聖徳太子と伝え、永遠の平和を祈願する霊場として創建されました。

鎌倉末期から明治の廃仏毀釈までは、三輪明神の神宮寺でした。

御本尊は十一面観世音菩薩。

 

三輪山平等寺は、581年聖徳太子が賊徒を平定するため、三輪明神に祈願して賊平定後、十一面観世音菩薩を刻んで寺を建立し、大三輪寺と称したのに始まります。

 

鎌倉時代の初期、中興の祖、慶円上人(三輪上人1140~1223)を迎えるに及び、東西500m、南北330mの境内に、本堂、護摩堂、御影堂、一切経堂、開山堂、赤門、鐘楼堂のほか、12坊舎の大伽藍を有し三輪社奥の院として、由緒ある名刹でした。

しかし残念なことに、明治維新になって、政府の廃仏毀釈により、有名な金屋の石仏をはじめ61体にのぼる仏像が他所に運び出され、堂塔ことごとく整理を迫られ、平等寺は廃止となりました。

1959年(昭和34年)の『大三輪町史』編纂の段階では、「現在は、その伽藍は存在せず、わずかに塔中の石垣のみが遺跡として存在するとともに、主たる仏像は翠松寺に移されているような現況である」とあるように、堂舎は存在せず、一切の建物も残っていない状態となってしまっていたようです。

その後、1977年(昭和52)、曹洞宗の寺院、「三輪山平等寺」として再興し、現在は伽藍も復元されています。

 

山門

 

御由緒

 

境内図

 

聖徳太子像

581年、この国の平和を祈願して、この寺を開かれた開基開山聖徳太子をお祀りしています。

 

境内

 

本堂

昭和62年再建され、聖徳太子の御自作と伝えられる本尊十一面観世音菩薩をはじめ、薬師如来、阿弥陀如来、地蔵菩薩、聖徳太子像を祀っています。

 

不動堂

中央に弘法大師御自作と伝えられる三輪不動尊、右に役行者、左に理源大師を祀っています。

 

不動堂からの眺め

 

二重塔釈迦堂

平成16年に800年ぶりに再建され、中央に生身釈迦像、平等寺仏足石、インドダルマラジカ寺院伝来の仏舎利を祀っています。

 

仏足石

 

赤門

かつては重層の門でありましたが、昭和51年、現住職が手作りで建立した門。

 

境内では、猫たちが気持ちよ良さそうに日向ぼっこしてました。

 

【所在地】奈良県桜井市三輪38
【御朱印】未確認
【駐車場】あり

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ