黒田神社 神八井耳命のかくし廟所(大阪府藤井寺市)

黒田神社(くろだじんじゃ)は、大阪府藤井寺市に鎮座されています。

【御祭神】
天御中主大神、天照皇大神、武甕槌神、経津主神、天児屋根命、比咩大神

平安時代初期の延喜式神名帳に載る式内の古社であり、天御中主大神を祭祀する神社は畿内では少なく、御神徳は極めて高いです。

 

神社ご由緒によりますと、古伝には神武天皇の御子である神八井耳命(かんやいみみのみこと)のかくし廟所といわれ、仁徳天皇の御代に瑞垣を建立し祭祀されたとあります。

こちらの黒田神社は志貴県主神社からも近く、この辺りには「志貴(磯城)の県」という朝廷の直轄地がありました。

この地を管理していたのは、神八井耳命を祖とする志貴県主(しきのあがたぬし)と、その同族の志貴首(しきのおびと)であったので、神八井耳命のかくし廟所であると言われているのも頷けます。

 

 

参道

 

拝殿

 

御本殿

 

 

御本殿を囲むように、末社が鎮座されています。

 

末社 恵美須大神

 

末社 稲荷大神

 

末社 天押雲根大神

 

末社 大鶴大明神・八幡大神

 

御神木

 

黒田神社 御朱印

 

【所在地】大阪府藤井寺市北條町1-23
【御朱印】あり
【駐車場】あり
※黒田神社の分社として、柏原市に柏原黒田神社があります。

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ