杭全神社 ナギの葉の紋様がステキな御朱印帳【御朱印】

杭全神社(くまたじんじゃ)は、全国唯一の連歌所と、だんじり祭で有名な大阪市平野区の神社です。

貞観4年(862年)、征夷大将軍・坂上田村麻呂の孫で、この地に荘園を有していた坂上当道が氏神といて素盞嗚尊(牛頭天王)を勧請し、祇園社(現・第一本殿)を創建したのが最初と伝えられています。

御祭神は夫婦の神様である伊弉諾尊伊弉册尊と、その御子の素盞嗚尊

それでは、杭全神社へとご案内しましょう。

大門(鎌倉時代)

杭全神社最古の建造物です。

 

杭全神社境内図

 

手水舎

 

拝殿

 

拝殿前の青銅製の狛犬に注目して下さい。

足に紐が何重にも巻かれているのが見えますでしょうか?

実はこのヒモは、「走人(はしりびと=家出人)足止め」を祈願して結ばれたものなのです。

その【祈願方法】は、
1.紐を二本用意します。
2.一本を狛犬の足に結んで、願を掛けます。
3.もう一本を持ち帰り、家出人が残した履物に結んでおきます。

このようにすると、必ず居所が判るか、家に帰って来ると、古くから言い伝えられています。

最近では、客足が遠退かないようにとか、恋人の心が離れないようになど、足止めにちなんで様々な願掛けをする方も増えているようです。

 

中門

中門前は、空気が違うような感じがします。
とても厳かな雰囲気です。

 

第一殿

御祭神:牛頭天王

第一殿は春日大社本殿を正徳元年(1711年)に移建したもので、重要文化財に申請中。

 

第二殿

元享元年(1321)に熊野三所権現(伊弉册尊・速玉男尊・事解男尊)を勧請建立したのが現在の第二本殿であり、この時、時の帝後醍醐天皇より「熊野三所権現」の勅額を賜りました。

 

第三殿

建久元年(1190)に熊野證誠権現(伊弉諾尊)を奉祀したのが現在の第三本殿です。

第二殿、第三殿は永正十年(1513年)造営の記録があり、現在、大阪市内最古の建造物で重要文化財に指定されています。

 

 

境内

 

大くすの木

 

東門

 

宇賀神社

 

杭全神社では「御田植神事」という行事があります。

これは五穀豊穣を祈願する行事で、国の無形民俗文化財に指定されています。

神事の中で蒔かれる種籾は「福の種」といい、金運・福徳のお守りとして、参拝者が自由に持ち帰ることができます。

 

 

平野環濠(かんごう)跡

平野の環濠は、いつ頃掘られたものか不明なのですが、戦国時代の動乱の時代に自衛と灌漑、排水用あるいは洪水の調節池としての役割をもってつくられたものと考えられています。

町の周囲には堤を築きその外に濠を、さらに堤と濠というように二重に築かれていたところもあり、濠が平野川ともつながっていたので舟運もひらけ、繁栄の基礎ともなりました。

現在では杭全公園の北側と赤留比売命神社背後の土塁に面影を残すのみとなりました。

 

杭全神社オリジナル御朱印帳

御神木であるナギの葉の紋様です。
葉脈が縦に通っていて千切れ難く「切れない」ので「縁結び」と「病気平癒」にご利益があると言われています。

光沢があり、手触りがとてもよい素敵な御朱印帳です。

 

杭全神社御朱印

 

【所在地】大阪府大阪市平野区平野宮町2-1-67
【御朱印】あり。オリジナル御朱印帳あり。
【駐車場】あり
杭全神社サイト

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ