安倍晴明神社(大阪) 陰陽師・安倍晴明公誕生の伝承地【御朱印】

安倍晴明神社(あべのせいめいじんじゃ)は大阪府大阪市阿倍野区に鎮座されています。

「清明宮御社伝書」によりますと、寛弘四年(1007年)の創建と伝えられています。

御祭神は安倍晴明公。

安倍晴明公は古代豪族阿部氏の出で、天慶七年(944年)この地に誕生され、のちに天文博士となられました。

安倍晴明神社は50mほど離れた所にある阿倍王子神社の飛び地境内社になります。

それでは、安倍晴明神社へと参りましょう。

鳥居の横には、「安倍晴明誕生伝承地」の碑

 

鳥居の前には熊野街道が通っています。

 

 

境内

 

安倍晴明神社は住宅街の中に鎮座されていました。

鳥居をくぐると空気が一変。

ゆったりとした空気が流れています。

 

 

清明水

 

こちらの手水舎のお水は清明水と呼ばれている井戸水。

 

手水舎には龍神様。

龍神様は雨と水を支配される神様で、仏教では八代龍王と呼ばれています。
陰陽道でも天の東西南北と中央に五龍神が居て、天空を支配されているのですが、昔、安倍晴明公が雨乞いの御祈祷をされた時、この五龍神に祈って大雨を降らせたと伝えられています。

 

 

拝殿

 

現在の社殿は大正十四年崇敬者の協賛により再興されたもの。

そんなに広くはない境内ですが、落ち着ける雰囲気で素敵な神社です。

 

 

泰名稲荷神社(やすないなりじんじゃ)

 

江戸時代からある稲荷神社。
安倍晴明大神の父・安倍保名の名を冠しています。

 

 

安倍晴明公産湯井の跡

 

江戸時代の摂津名所図会にも「産湯井」が描かれています。

 

ここで、安倍晴明公の誕生伝説をご紹介しましょう。

 

葛の葉子別れ

 

村上天皇の時代、河内国のひと石川悪右衛門は妻の病気をなおすため、兄の蘆屋道満の占いによって、和泉国和泉郡の信太の森(現在の大阪府和泉市)に行き、野狐の生き肝を得ようとする。

 

摂津国東生郡の安倍野(現在の大阪府大阪市阿倍野区)に住んでいた安倍保名(伝説上の人物とされる)が信太の森を訪れた際、狩人に追われていた白狐を助けてやるが、その際にけがをしてしまう。

 

そこに葛の葉という女性がやってきて、保名を介抱して家まで送りとどける。葛の葉が保名を見舞っているうち、いつしか二人は恋仲となり、結婚して童子丸という子供をもうける(保名の父郡司は悪右衛門と争って討たれたが、保名は悪右衛門を討った)。

 

童子丸が5歳のとき、葛の葉の正体が保名に助けられた白狐であることが知れてしまう。全ては稲荷大明神(宇迦之御魂神)の仰せである事を告白し、さらに次の一首を残して、葛の葉は信太の森へと帰ってゆく。

 

恋しくば尋ね来て見よ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉

 

この童子丸が、陰陽師として知られるのちの安倍晴明である。

 

このお話は、歌舞伎や人形浄瑠璃の演目「葛の葉子別れ」の伝説で広く知られています。

 

 

安倍晴明誕生地の碑

 

この石碑は江戸時代の文政年間に泉州堺の住人、神奈辺大道心が建立したもの。

安倍清明神社は、晴明の子孫と称する保田家が代々社家として奉仕してきましたが、幕末社家の没落とともに衰微し、明治時代には文政年間 (1818年~1830年)に堺の商人・神奈辺大道心が建立した「安倍晴明生誕地」の石碑と小祠のみであったといわれています。

 

 

慎石(孕み石)

 

この大石は古代の船の錨(いかり)で鎮める意から安産を祈る石となり、孕(はら)み石とも呼ばれて信仰されています。

 

 

御朱印

 

五芒星の印がいいですね!

五芒星には魔除け効果があり、安倍晴明もこの五芒星を魔除けとして活用していました。

御朱印は安倍晴明神社より50mほど離れた阿倍王子神社で拝受しました。
初穂料300円。

 

【所在地】大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16
【御朱印】あり。
【アクセス】阪堺上町線「東天下茶屋駅」下車 東南へ徒歩5分。大阪シティバス「王子町」下車 徒歩3分 。

 

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ