本興寺(尼崎)虫干会で一度は見てみたい名刀数珠丸【御朱印】

本興寺ほんこうじ)は、兵庫県尼崎市開明町にある法華宗本門流の大本山です。

応永二十七年(1420)、日隆(にちりゅう)聖人によって大物に建立されましたが、元和三年(1617)尼崎城築城の際、現在の地に移転されました。

現在の本興寺は、たくさんのお寺が立ち並ぶ、風情ある寺町の中にありました。

本興寺の虫干会は有名で、毎年たくさんの方が訪れます。

それでは、本興寺へと参りましょう。

まずは、かなり古い(笑)寺町案内版から本興寺の場所を確認♪

赤線で囲った所が本興寺です。

広いですね~!

本興寺は寺町の中で、一番広い敷地を持つお寺なんです。

 

 

境内の見どころ

 

境内案内図をサクッとご紹介♪

一時は、塔頭が十二坊もある大寺院でしたが、現在は六院を残すのみとなっています(本教院、一乗院、恵運院、養寿院、本成院、尭運院)。

 

 

本堂

 

山門をくぐると真正面に見えるのが本堂。

本堂には御本尊の三宝尊が祀られています。

 

本堂の前には日蓮大聖人説法銅像

開宗七百五十年を記念して造立されました。
 

日蓮大聖人のお姿が素敵です。

 

 

祖師堂

 

本堂向かって右側にあるのが祖師堂です。

祖師堂には日蓮大聖人の御尊像がお祀りされています。

 

 

三光堂(重文)

 

三光堂本殿は三間社流造銅板葺で室町時代後期の建築。

元和三年(1617)に大物から移築されました。

堂内には三光天子(日天月天明星天)、鬼子母神、十羅刹女、三十番神が祀られています。

 

 

御霊水井戸

 

日隆聖人は各地に霊水を起こされました。

誕生寺(富山)の「誕生水」、法華寺(南河内加納)の「筧の水」、本妙寺(香川宇多津)の「鳳凰水」があり、多くの民衆を救われたそうです。

ここ本興寺の御霊水もそのひとつで「金水」と呼ばれ、大正五年に水道が敷設されるまで市民の貴重な飲料水でした。

 

 

開山堂(重文)

 

開山堂に安置されている日隆聖人木像は、聖人70歳の時に堺の仏師浄伝に刻ませ、自ら開眼されたものです(重文・旧国宝)。

眼病を癒すため祈る人がたくさん来られるようです。
私が訪れた時にも、中で祈る人がおられました。

 
 

御真骨堂

 

日隆聖人は1464年(寛正5年)本興寺でご入滅されました。

こちらには日隆聖人の御真骨が奉安されています。

 

 

荼毘所塚

 

この塚は宮町(梅樹)の妙光寺境内に祀られていましたが、昭和三十八年妙光寺が難波に移転する際、本興寺が譲り受けたもの。

写真手前にある小さな塚が「荼毘所塚」です。旧尼崎城の石が台座に使われています。

 

 

三重宝塔霊廟壇

 

寺町の中でシンボル的な存在になっていて、とても美しいです。

昭和四十九年の建立で、地下が納骨安置所になっています。

 

 

虫干会

 

本興寺には多くの宝物があり、毎年11月3日(文化の日)に「虫干会」が開かれています。

淡路島出土銅鐸(県指定文化財)や、織田信長禁制など多くの武将の文書類が展示されています。

中でも日蓮大聖人御所持の「数珠丸(重文・旧国宝)」を一目見ようと、刀剣好きな方達もたくさん訪れるようです。

私も一度行ってみようと思っています♪

またその際は、「虫干会」の記事を書きたいと思います。

 

 

御朱印・御朱印帳

 

御朱印は授与所で頂きました。

オリジナル御朱印帳あり。

 

本興寺御朱印

初穂料500円。
 

御朱印に「天下五剣数珠丸恒次」の印があります。

気になって調べましたら、天下五剣とは、日本刀の中でも特に名刀中の名刀と呼ばれていた5振りのことで、「三日月・童子切・大典太・鬼丸・数珠丸」のことなのだとか。

数珠丸ってすごい名刀なんですね!!

 

 

アクセス

 

【所在地】兵庫県尼崎市開明町3-13。

阪神なんば線尼崎駅から徒歩5分。

 
 

駐車場

 

参拝者駐車場あり。

 

 

周辺地図