龍泉寺 蘇我馬子が建立した寺院【御朱印】

龍泉寺(りゅうせんじ)は、大阪府富田林市龍泉にある高野山真言宗の仏教寺院です。

山号は牛頭山。御本尊は薬師如来。

推古天皇2年(594年)に蘇我馬子が勅命を受けて建立した寺院で、千数百年の歴史のある名刹です。

 

 

境内案内図

 

参道

 

仁王門(重要文化財)

 

鐘楼

 

本堂

 

御本尊は、薬師如来

 

聖天堂

 

 

龍泉寺伝説によると、この寺の境内にある池には悪龍が棲んでいて、人々に被害を与えて困らせていました。

蘇我馬子が、人々を救う為に修法を行ったところ、この悪龍は飛び去って行きます。その後、池の水は枯れ果て、寺院は衰退して行きます。

そして・・月日は流れ、弘仁14年(823年)に空海(弘法大師)がこの地を訪れ、人々が水に困っている事を知ります。

祈祷によって雨水を得て、境内の池には水が湛えられ、この時、池の中に三つの小島ができたとされています。

空海はこの島に小さな社を建て、聖天、弁才天、叱天を祀り、牛頭天王を鎮守としたと伝えられています。

その池が今も庭園として残されています。

この庭園は国指定名勝となっていて、鎌倉時代ごろの庭園として、大変貴重なものです。

 

 

 

 

河内飛鳥古寺霊場第十一番 龍泉寺 御朱印

 

【所在地】大阪府富田林市龍泉888
【御朱印】あり。
【札所】河内飛鳥古寺霊場第11番
【駐車場】無料駐車場あり。
【入山料】300円。